記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柿ノ木を残したい気持ちがわかりました。

S-DSC02457.jpg

打ち合わせの帰りに施主のご両親より柿を頂きました。

これから家を建てる場所に植わっている柿の木から獲れた柿です。

家を建てるにはどうしてもこの木を伐採しなければなりません。

最後の柿という訳です。

数日後、熟した柿を口にしました。



これが実に美味しい。



果物店で販売していてもよいほどの糖度と皮の薄さ。

ご両親(特にお父様)が名残惜しいと思われていることがよくわかりました。



それから数日後、お父様が探されてきた伐採業者により、

抜根をしたら土地の隅のほうに移植する運びになったそうです。

来年の食べれるといいですね。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

設計事務所代表

Author:設計事務所代表
アトリエシゲ
ホームヴァンスを
テーマとした
建築設計事務所です。
http://atshige.com/
神奈川県小田原市蓮正寺8-16

↓お買い得だけ!

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。