記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

毎日プレミア最終回

毎日プレミアで弊社代表湯山重行が著者インタビューを受けました。 . 「60歳で家を建てる」老いゆく親のために建てる家 著者・湯山重行さんインタビュー(下) 宜しければごらんください。↓こちらをクリック...

続きを読む

毎日だけに毎日プレミア

毎日プレミアで弊社代表湯山重行が著者インタビューを受けました。 . 「60歳で家を建てる」という選択肢はアリなのか? 著者に聞く(中) 宜しければごらんください。↓こちらをクリック...

続きを読む

毎日プレミアでインタビューされました。

毎日プレミアで弊社代表湯山重行が著者インタビューを受けました。 . 「60歳で家を建てる」という選択肢はアリなのか? 著者に聞く(上) 宜しければごらんください。↓こちらをクリック...

続きを読む

ダイヤモンンド・ザイZIAI 2012年12月号で

本日発売、ダイヤモンンド・ザイZIAI 2012年12月号のP88にローン額を減らす第一歩、500万円で家を建てる!とうタイトルで掲載されました。TOFUハウスがこっそり出てます。よろしければご覧ください。...

続きを読む

最高の心地よい家は、こうつくる!の中で監修を務めさせていただきました。

今月発売、主婦の友社より「最高の心地のいい家は、こうつくる!」にアトリエシゲがお手伝いさせて頂いた、「ぐるぐる2」「横浜の家」が掲載されました。宜しければごらんくださいませ。また、P153の予算内最高の家を手に入れる「コストコントール術」から巻末までを監修させていただいております。...

続きを読む

予算内で賢く家を建てる178のコツのうちの2つだけ紹介されました。

主婦の友社で過去の事例を集めたムック版が発売されました。P87 に「Simple&Natural」P119 に「Mr.ROBOT]が掲載されております。宜しければ立読みでご覧くださいませ。(笑)...

続きを読む

エアコンのいらない家をつくるとエアコンがクビになるそうです。

「エアコンがいらなくなるんですよぉ~」と知人の編集者よりご本人が手掛けられた本を頂きました。部屋には窓を対角に二ヶ所とるなどして風を呼び込む工夫が書いてありました。イラストがウイットに富んで面白いです。エアコンのいらない家 [単行本(ソフトカバー)] 山田浩幸 (著)...

続きを読む

モトメンテナンス93号にIさんガレージが掲載されました。

愛車のバイクのディスプレイとメンテナンスが出来る、ガレージ住宅にお住まいのIさん。この度、専門誌「MOTO MAINTENANCE」の木造ビルトイン系というカテゴリーで紹介されました。...

続きを読む

10月19日(火)12:30~テレビ東京「7スタBratch!」で紹介されます。

10月19日(火)12:30~テレビ東京「7スタBratch!」という、お昼の番組のアイデア収納コーナーで埼玉のお宅が登場いたします。宜しければごらんくださいませ。...

続きを読む

はじめての家づくりNo.12で「横浜の家」が紹介されました。

ハイウォールを用いて、開放的なのびのび空間を演出しました。よろければご覧になってください。(P92)...

続きを読む

はじめての家づくりNo.11に

只今発売の主婦の友社「はじめてのいえづくり」のP56に「GURUGURU2」さん宅が紹介されました。ご覧になっていただければ幸いです。...

続きを読む

PLUS 1 LiVING (プラスワンリビング) 4月号に

主婦の友社「PLUS 1 LiVING」P80に「Twin heart」さん宅が掲載されております。宜しければご覧ください。...

続きを読む

いちばんわかる間取りの本

主婦の友社「いちばんわかる間取りの本」P70に「海から5分」さん宅が掲載されております。宜しければご覧ください。...

続きを読む

はじめての家づくり No8で

「simple&natural」が紹介されました。宜しければご覧ください。...

続きを読む

建坪10台でも心地いい小さな家

主婦の友社発売の建坪10坪台でも心地いい「小さな家」に「海まで5分」「やさしい家」「やんやはうす」が紹介されました。よかったらのぞいてみて下さい。...

続きを読む

プロフィール

設計事務所代表

Author:設計事務所代表
アトリエシゲ
ホームヴァンスを
テーマとした
建築設計事務所です。
http://atshige.com/
神奈川県小田原市蓮正寺8-16

↓お買い得だけ!

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。